2009年 11月 18日   ハイイロチュウヒ
広大な葦原で猛禽の姿を求めジッと待つ時の緊張感。
何処から現れるか分からないので360度目が離せません。
仲間と雑談中も間食中も目だけはキョロキョロです。
この日も突然葦原から猛禽が飛び出したり遥か彼方から此方に向って来たりで
適当に楽しめました。
時間と共に風が強くなり葦原に下りる時には葦原スレスレでホバる姿も見る事が出来ました。
しかしその殆どは遠くでのサービスばかりでした。
そんな中で一番近くまで来てくれたのがこのハイイロチュウヒでした。
雌ですが独特の白い襟巻をした顔と羽の白黒模様がとっても綺麗で好きです。

「雄だったら・・・」なんて贅沢は言いません!

葦原スレスレに飛ぶハイイロチュウヒ雌
c0018118_22135639.jpg

チョッと高く上がり最接近
c0018118_22152888.jpg

遠くですがホバったり転回したり綺麗でした
c0018118_2218321.jpg

お顔の特徴が解るようにトリミングしてみました
c0018118_22205238.jpg



by e-goen | 2009-11-18 22:30 | 猛禽類
 Top   << 脳裏に焼付いていました 今期初見・初撮りのベニマシコ >>  ▲