2010年 12月 23日   何処でも猛禽が飛ぶと・・・
葦原は基より田畑から干潟まで何処へ行っても猛禽の姿を発見するとレンズが向いてしまいます。
豆粒程の姿でも必死にファインダーに捉えフォーカスしてみます。トビと確認出来た以外は一応シャッターを切ってみますが大半は同定も出来ないボツばかりです。
それでも楽しいのは何故でしょうか・・・
先日の河原ではハイタカが飛んでくれました。

Canon EOS 7D + Nikon TC-17EⅡ + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D 1/400秒 F8.0

ISO:200
c0018118_23503375.jpg

ISO:800
c0018118_2350538.jpg


此方は在庫からミサゴ
D2H + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D 1/800秒 F6.3 ISO:200
c0018118_23532737.jpg

ミサゴのホバリング D2H + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D 1/800秒 F6.3 ISO:200
c0018118_2354514.jpg

葦原で大きな魚を掴んでいましたが近くには来てくれませんでした
Canon EOS 7D + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D 1/1000秒 F8.0 ISO:400
c0018118_23552638.jpg

同じ木にミサゴとチョウゲンボウ?が D2H + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D 1/400秒 F8.0 ISO:200
c0018118_235619.jpg



by e-goen | 2010-12-23 00:24 | 猛禽類
 Top   << 新年と再開のご挨拶 河原での出会い >>  ▲